にっき

2018.03.02

釘と糸で描く絵作り


2月は釘と糸で描く絵作りをしました。
まず分厚い杉の木を切ります。
これがいつもの木を切る作業より大変で教室では「きつ〜い!」という声が飛び交っていました(笑)


切り終わったら紙ヤスリでごしごし。
時折、木屑が目に入るハプニングもありつつ、みんなヤスリがボロボロになるまで頑張りました。


ヤスリ作業中にパシャリ。


ヤスリが終わったら、木に濃いめのステインを塗ります。
いつもはオーク(薄めの茶色)を使っているのですが、今回は糸が映えるようにチーク(濃いめの茶色)を使いました。

ステインを塗った木を乾かしたら、下絵を描いて、みんな大好き釘打ちの時間です。



Nちゃん、金槌が逆向きで〜す!(笑)

 


全部釘を打った後の板はこんな感じ。
木を作ったMちゃん、しきりに「今までで一番大変だ!」との弁。


釘打ちが終わったら起点を決めて、一つ一つの釘に糸を丁寧に巻いていきます。

糸を巻いたら、可愛い下書きとはお別れです。
下書きの紙を釘と糸が外れないようにびりびりに破く作業は意外にも難しくて、苦戦しながら頑張りました。

 


そしてできた作品がこちら。
文句なしにかわいい!です^^


結婚のためお引っ越しするさき先生とは一旦、2月でお別れ。
でもさき先生、時々遊びにきてくれます。
飛行機でびゅーん!です。

3月までは何度か教室にきてくれるので、会えたら良いことがあるかも!?

3月の教室はキャンバスに描く絵作りです。
色々なところに飾ってもらえるように、小さなキャンバスを2つ作ります。
お楽しみに〜!

 

 

まえのページにもどる

その他のにっき

PAGE TOP